運賃計算システムの特徴

 

個建運賃はもちろん 路線便の複雑な条件のタリフ運賃を高精度に計算可能。重量運賃、その他特別条件にも対応可能です。

 

運送会社から請求がきてみないと把握できなかった運賃を日次単位で把握可能に。カスタマイズすれば部門毎・製品毎での運賃コストの把握も可能。

 

運賃請求チェック業務の自動化(運送会社の請求データと自社の支払いデータを自動照合)により、人件費の削減、および請求ミスのチェックが可能となります。

システム導入の効果

運賃コストの大幅な削減に貢献します。
物流拠点及び配送形態の見直しにもお役立ていただけます。
運賃支払のイニシアチブを 運送会社 ⇒ 自社 へと握ることができます。

日次単位での運賃管理

従来の各運送会社からの請求書を集計し、月単位で運賃を配分する方式に比べ、日次単位での運賃管理が可能となります。 → 日次決算対応

新規事業/新規拠点立ち上げにおける運賃の試算

新規事業の開始や新規拠点を立ち上げする前に、運賃のシミュレーションが行えます。

営業部門における運賃の把握

営業担当者が運賃をシミュレーションできることにより、
1.取引毎の運賃を常に把握できるようになります。
2.伝票単位の運賃を把握できるようになります。
3.商品(製品)単位の運賃を把握できるようになります。

運賃請求書の自動チェック

運賃請求チェック業務の自動化(運送会社の請求データと自社の支払いデータを自動照合)することにより、人件費の削減、および請求ミスのチェックが可能となります。

支払運賃のコントロール

1.自社で運賃計算を実施することにより、運賃支払いのイニシアチブを取ることができます。
2.運賃支払い手続き及び運賃支払金額の決定をスピードアップできます。
3.運賃の過剰支払いをチェックできます。

システムの特徴

現行システムからのデータ移行に対応

運賃計算システムに使用する元データをホストコンピュータや現行出荷システムから出荷データをCSV形式で取り出し、当システムに読み込ませることができますので、システム稼動時の面倒な登録が省けます。

運送会社毎の諸条件の設定が可能

運送会社より、JISコード又は郵便番号毎に設定された距離及び諸料金の設定データをCSV形式で入手し、当システムにデータコンバートしますので、システムの立ち上げがスムースに行えます。

細かい料金設定を完備した運賃計算の仕組み

年度版基準運賃率表、中継料、配達料、集荷料、割増料、航送料、個建運賃表、重量建運賃表、例外運賃表、諸料金特別加算、保険料などの料金表に加え、路線&個建混在運賃表、拠点別/路線別/JISor〒毎距離程表及び諸料金設定条件を完備しています。