マスターズEDI(運送EDI対応 送り状発行システム

マスターズEDI の特徴

 

マルチに対応!

あらゆるタイプの送り状・ 荷札・ラベル
・指定伝票の発行が可能

 

DXを推進!

1つのアプリで
複数の運送会社様の出荷業務が行えます

 

効率化!

出荷業務の大幅な
効率改善が見込めます

マスターズEDI の仕組み

株式会社ノリックマスターズEDIの仕組み

豊富なEDI対応実績

運送EDI (送り状レス)の実現には各運送会社様との事前打ち合わせが必要です。
ノリックは豊富な経験と実績で各運送会社様との打ち合わせをサポートいたします。

運送EDI (送り状レス)の対応実績がある運送会社様

 西濃運輸    ヤマト運輸    佐川急便    日通航空    近物レックス    セイノースーパーエクスプレス
 福山通運    エスライン    第一貨物    名鉄運輸    トールエクスプレス 日立物流(個別)    
 日本郵便    ケイシン    SBS即配サポート    久留米運送    松岡満運輸 札幌通運(個別)    
 飛騨運輸     トナミ運輸    岡山県貨物    ハンワ    
 ヤマトグローバルエキスプレス(個別) ※2021年4月1日ヤマト運輸と統合  

マスターズEDI 導入の効果

送り状レスで、送り状作成時間が0(ゼロ)に

バーコード付送り状・荷札を発行し、 送り状データを EDI (電子データ交換)で運送会社様に送信することにより、 従来の複写式送り状伝票の印字が不要になります。(複写式送り状が必要な場合には、発行することもできます)

送り状と荷札の帳合作業時間が0(ゼロ)に

送り状を作成しないので、送り状と荷札を帳合する作業がなくなります。

入日記作成・添付作業時間が0(ゼロ)に

バーコード付運送会社送り状に内容明細を記載することにより、入日記を作成・荷物に添付する作業が不要になります。

出荷問合せの電話対応が激減

品名・数量・出荷日・運送便名・送り状問合せ番号・個数などの出荷済データを自動FAX or メールでお知らせすることにより、お届け先からの電話問合せが激減します。 当然ながら、お客様へのサービス向上につながります。

送り間違いミスを追放

バーコード付運送会社送り状に、自社伝票番号のバーコードを印字し、ピッキングリストの自社伝票番号バーコードとハンディターミナルでマッチングさせることにより、ラベルの貼り間違いミスを追放します。

荷札作成時間をスピードアップ

バーコードプリンターを使用するので、従来のドットプリンターと比較すると、数倍のスピードアップが図れます。 また、バーコード付運送会社送り状をお届け先の個数/枚数毎に自動カットするなど、作業時間の短縮とミスの追放を実現します。

出荷システムが1つになり静粛に

運送会社様の端末や自社システムの端末など数種類のシステムの利用による混乱を解消します。 バーコードプリンターはサーマル(感熱)式なので、インクリボンやトナー等の消耗品が不要になります。 しかも、省スペース化される上、ドットインパクトプリンターの騒音からも開放されます。

出荷締切時間の延長

バーコード付運送会社送り状には、運送会社様が必要とされる情報をすべて盛り込んであるので、ドライバーさんはハンディーターミナルでラベルをスキャンするだけ、着店バーコードのシールを張り付ける手間もなく積込が行えます。結果、集荷作業時間が大幅に短縮されるので、出荷締切時間の延長などお客様へのサービス向上にお役立ていただけます。

納品伝票番号と送り状問合せ番号を紐付け

出荷済データを上位機種へ送信することにより、納品伝票番号と送り状問合せ番号を紐付けできるので、事務処理が格段に向上します。納品伝票明細をFAX・メールでお客様にお送りすることにより、お客様の入荷チェックがよりスムースに行える為、お客様へのサービス向上にお役立ていただけます。

手入力発行・従来の運送会社送り状発行もOK

上位データが取り込めない時や、出荷量が少ない運送会社様の場合には、手入力発行もできます◎

マスターズEDI の導入事例 は、こちらをご覧ください。    


マスターズEDI送り状発行システム
運賃マスターズ運賃計算システム