運賃計算システム、運送・物流システム、販売管理システム、顧客管理システムは、安価でイージーオーダー可能なノリックへ。

物流業・運輸業・顧客管理・オフィス管理のシステムはおまかせください。ノリックは、御社にとってローコストで使い勝手の良いシステムを豊富な開発経験と万全のサポート体制でお手伝いいたします。

【製品・システム情報】トラック運賃計算システム

■システムの概略&必要性

物流拠点及び配送形態の見直しにお役立ていただけます。
運賃コスト削減にも欠かせません。
運賃支払のイニシアチブを 運送会社 ⇒ 自社 へと握ることができます。

運賃のチェック、管理を行いたい
  • 自社で運賃計算を行い、運賃チェックおよび支払処理に使用したい。
  • 日次単位で運賃を計算し、基幹系システムと連動し管理したい。
運賃低減につなげたい
  • トラック運賃計算シミュレーションシステムで、複数の運送会社の運賃を瞬時に計算し、最安値運賃の運送会社を選択したい。
  • 運賃シミュレーションを駆使し、地域毎に最適な運送会社を設定し、配送業務に適用したい。
  • トラック運賃照合及びトラック運賃比較をしたい。
  • 運送会社の入力ミスによる過払い防止をしたい。
  • 同一送り先への荷物をまとめ ・・・・・・・・
    個建 → 路線変更により、運賃コスト削減をしたい。
    (送り状・荷札発行機能の付加が必要になります。)
管理会計システムとリンクしたコスト管理をしたい
  • 運賃を部門別・取引先別・地区別・運送会社別に振り分けて、コスト管理したい。
  • 営業部門に売上に対する運賃を日々報告し、コスト意識を明確にしたい。
  • 管理会計システムと連動して運賃を分析し、意志決定支援情報の一つとして活用したい。
  • 運賃計算を絶対的なものにし、運送会社へ支払運賃を提示したい。

■システム導入の効果

1.日次単位での運賃管理
従来の各運送会社からの請求書を集計し、月単位で運賃を配分する方式に比べ、日次単位での運賃管理が可能となります。 → 日次決算対応
2.新規事業における運賃の試算
新規事業を開始する前に、運賃計算シミュレーションが行えます。
3.営業部門における運賃の把握
営業部門に、受注毎に運賃が提示できるようになると共に、営業部門でも運賃計算シミュレーションを利用できるようにすることにより、
1.取引毎の運賃を常に把握できるようになります。
2.伝票単位の運賃を把握できるようになります。
3.商品(製品)単位の運賃を把握できるようになります。
4.運賃請求書の自動チェック
運賃請求チェック業務の自動化(運送会社の請求データと自社の支払いデータをマッチング)により、人件費の削減、および請求ミスのチェックが可能となります。
5.支払運賃のコントロール
1.自社で運賃計算を実施することにより、運賃支払いのイニシアチブを取ることができます。2.運賃支払い手続き及び運賃支払金額の決定をスピードアップできます。3.運賃の過剰支払いをチェックできます。

■システムの特徴

現行システムからのデータ移行に対応
運賃計算ソフトに使用する元データをホストコンピュータや現行出荷システムにおける出荷データをCSV形式で取り出し、当システムに読み込ませることができますので、システム稼動時の面倒な登録が省けます。
運送会社毎の諸条件の設定が可能
運送会社より、JISコード又は郵便番号毎に設定された距離及び諸料金の設定データをCSV形式で入手し、当システムにデータコンバートしますので、諸条件が初期から設定されています。

細かい料金設定を完備した運賃計算の仕組み
年度版基準運賃率表、中継料、配達料、集荷料、割増料、航送料、個建運賃表、重量建運賃表、例外運賃表、諸料金特別加算、保険料などの料金表に加え、路線&個建混在運賃表、拠点別/路線別/JISor〒毎距離程表及び諸料金設定条件を完備しています。

■システム導入のポイント&今後の課題

システムを導入することにより、全ての事が簡単にできるようになるわけではありません。緊急出荷時等の対応やイレギュラーな事案に対しては、システムを柔軟に使っていく必要があります。
また、ある程度のエリア毎に運送会社を決めていかなければ、運賃以外のコストが発生する場合があります。
(株)ノリックでは、システム導入時や運用時にこのようなご相談も受けています。
ポイント1:運送手段の決定
運賃を構成する構成する要素には、
  A.出荷ロット(個口数または重量)
  B.運送距離(距離+中継・配達の有無)
  C.納品リードタイム  の3点があります。
これらをもとに最適な輸配送手段をシミュレーションすると、同じ都道府県の納品先でも出荷ロットにより最適運送会社が異なり、運送会社の登録、管理が複雑になり、運賃以外のコストが発生します。このため、出荷エリアに対する出荷ロットの傾向および運賃の傾向から、ある程度エリア別に運送会社を固定することが望ましいと思われます。
ポイント2:システム化の範囲と運用方法
緊急出荷等の例外時の運賃処理までシステム化すると、計算方法の設定が複雑になり、運賃確定のタイミングが例外運賃のために遅れることが考えられます。
これを避けるために、例外運賃はまとめて金額のみ入力し、請求締め日までに確定する等の運用による柔軟な対応が必要と思われます。
ポイント3:契約運賃体系の整理
現在の運賃契約形態をそのままシステム化するに当たり、多数の取引運送会社があり、
なおかつ取引先毎に異なる運賃体系がある場合でも、当システムではその大半の条件を網羅しています。

 例、A運送を使用し、同一県内の同一市町村へ送る時、
    その市町村内で少し地区が違うだけで、中継料・配達料などの条件が違う
                           ・・・このような設定もOKです。
    しかし、できるだけ既存の運賃契約形態を単純化、整理されることが望ましいです。

運賃計算システム導入における今後の課題
商品サイクルの短期化や在庫リスクの軽減のために、企業のコスト管理の迅速化、意志が求められており、情報システムのインフラとしてのERPの導入や、Webシステムの普及が進む中で、製造コストなどに比べて管理方法が曖昧であった物流コスト、とりわけ運賃の迅速な把握が必要であると考えられます。
そして、昨今ではERPによる管理会計を実施していく上で、事業別予算管理、顧客セグメント、別損益管理、利益計画作成に向けた、迅速かつ正確な輸配送コスト管理へのニーズがますます増加すると思われます。
また、物流拠点の再構築を検討する場合には、運賃計算のシミュレーションをすることにより、運賃増減の試算できるので、大きな威力を発揮します。
業種・業態が違う企業におけるさまざまな運賃計算システムの構築、導入支援の実績をベースに、最適な運賃計算のソリューションをご提供できればと考えております。

導入事例一覧

食品製造業 A社様 ご導入システム:トラック運賃計算システム

A社様は運賃の請求照合の手間を減らしたいというご要望でした。

請求照合に1ヶ月100時間かけているが、それでも全体の20%のチェックしかできておらず、請求内容が間違っていることが多々ある為、そのまま受け入れも出来ず困っていたところ、弊社システムを導入し、請求照合をITにより自動化することに成功されました。

様々なプラスアルファ効果で運賃コストが年間1640万円削減されました。

医薬品製造業 B社様 ご導入システム:トラック運賃計算システム

B社様は物流コストの大半を占める運賃と倉庫保管料を各製品ごとに落とし込んで、各製品ごとの物流コストを把握したいというご要望でした。

弊社システムの導入により、物流コストが日次レベルで把握可能になり、運賃支払い・倉庫料支払いの照合にもご活用いただいております。

印刷業 C社様 ご導入システム:トラック運賃計算システム

C社様は出荷時に最安の運送会社の検索する仕組みを基幹システム(AS400)で構築しておられました。

各運送会社の1個口の料金体系より最安値を判定していた為、複数個口や重量物の出荷に対しては現実的な判定が行われていませんでした。

そこで、基幹システム(AS400)と弊社の運賃計算システムを連携し最安値を判定する仕組みを実現しました。

プラスチック製品製造業 D社様 ご導入システム:トラック運賃計算システム

D社様は運賃計算システムにて最安値運送便をつど選択し、物流コストの削減にご利用されております。

弊社のシステムでは諸条件をご入力いただきますと、各運送会社の運賃を自動計算し、運賃の安い順に運送会社を一覧で表示します。

比較検討した上で、運送便を決定できます。

また、決定された運送便の送り状・荷札もそのまま発行することができます。